ビジネス実務法務2級

 企業での日常業務に必要な、ビジネスの実践的な法律事務知識の習得レベルを評価する民間資格。(東京商工会議所 検定センター)
 筆記試験(100点満点 2h)
 ※出題範囲
  1.ビジネス法務の実務
  2.取引を行う主体
  3.会社取引の法務
  4.会社財産の管理と法律
  5.債権の管理と回収
  6.企業活動に関する法規則
  7.会社と従業員の関係
  8.ビジネスと個人のかかわり
  9.紛争の解決方法
 10.国際法務(渉外法務)

 試験日程(年2回 7月上旬、12月上旬)

 日時         実受験者数、  合格率
 H17 第17回  5,493名、 25.8%
 H17 第18回  8,293名、 30.4%
 H18 第19回  5,270名、 21.5%
 H18 第20回  7,640名、 48.1%
 H19 第21回  5,289名、 37.1%
 H19 第22回 7,319名、 29.0%
 H20 第23回  6,154名、 60.8%
 H20 第24回 7,814名、 44.6%
 H21 第25回 6,053名、 51.3%
 H21 第26回 8,084名、 49.2%
 H22 第27回  5,894名、 30.0%
 H22 第28回 8,489名、 47.3%

当時の取得の秘訣(たく)

難易度 ★★★ (たく)(H17受験、2006.Jan.27取得)

 ここでご紹介する勉強方法は、基本的に、法律に関する事前知識がない(理系出身の方などなど)人向けなので、法律にお詳しい方にとってはものたりないかもしれません。あらかじめご了承下さい。
 さて、さっそくですが、工学部出身の僕にはまったくのアウェイ資格であったので、最初はとにかく苦しみました。善意だの悪意だの用語がわからなくて・・・。さらには、債務者と債権者ってどっちが借金してて、どっちが金貸してるのかもわかりませんでした(恥)。でも!過去問をしっかりやれば、そんな僕でも合格できちゃいます。
 で、まず問題集選びですが、オススメは、下でもご紹介する、東京商工会議所編「ビジネス実務法務検定試験2級 問題集」です。この問題集は、実際の試験と構成が同じなうえ、公式テキストの関連ページも載っているので勉強がスムーズです。 そして、問題集は、10章からなる過去の重要問題と最近の3回分の過去問で構成されているので、10章分を2回やって、それから過去3年分の試験問題も2回(そんなにやれないって?)無事完了できれば万全です。

 ちなみに、この問題集はなかなか解説が詳しくて良い問題集です。ただ、そうは言っても、法律についてまったくの素人には(僕のように)テキストが必要です。ちなみに僕は3級をとばして、2級を受けましたけど、東京小会議所の2級および3級の公式テキストを両方購入しました(正しくは、3級のテキストは入社のときに全員に配られたものなんですけどね)。 それは2級受験といっても、3級のテキストの範囲もたくさん出題されるし、当然その知識が前提となっているからです。というわけで、問題の解説を読みながら地道に2級、3級のテキストを少しずつ目を通す必要があると思います。

 こんなふうに書くとなかなかめんどくさそうですけど、問題集を2回やればほぼ間違いないと思うので、地道な努力あるのみです。

 最後に、解答速報についてですが、建築系の資格と違って、さすがい一般受けするのか、大原などで即日解答速報が出ます。僕も受験会場が大原だったんですけど、試験終了2時間後くらいに開かれた解答速報に参加しました。あと2chも結構な盛り上がりでしたよ。

 

勉強時間の目安(たく)

2ヶ月程度

たくの場合…

2.0ヶ月
土日  4h×2日×9week ≒ 80h
total 80h程度

 

参考書