ファシリティマネジャー

 企業・団体などの組織体の全施設及び環境(ファシリティ)を経営的視点から総合的に企画・管理・活用する経営管理活動を主導する専門家を認定する民間資格((社)日本ファシリティマネジメント推進協会)
 学科試験(FMの基礎知識 80分、FMの業務 80分、FMの技術 80分)
 論述試験(90分)
 試験日(7月上旬 ※学科試験・論述試験共)

年度 実受験者数 合格率
 H13 2,172名 、39.6%
 H14 2,145名 、43.2%
 H15 2,052名 、40.2%
 H16 1,653名 、41.4%
 H17 1,677名 、40.7%
 H18 1,349名 、41.1%
 H19 1,395名 、38.7%
 H20 1,436名 、44.2%
 H21 1,272名 、40.6%

当時の取得の秘訣(たく)

難易度 ★★★ (たく)(H17受験、2005.Sep.5取得)

 まず、この資格はちょっぴりマイナー資格なので、良い参考書を期待してもしょうがありません(爆)

[学科試験]
 なので、上で紹介した4ヶ年分の過去問集をひたすら解くしかありません。ただ、合格率が非常に高い資格なので、過去問を最低2回はやっておけば絶対合格間違いなしです
 ただ、そうは言ってもなにかコツがないと不安だという方には、過去問を解く順番を工夫することをオススメします。まぁ、工夫なんていう大それたことではないんですけどね・・・。
 で、どうするかですが、過去問は、@FMの基礎知識、AFMの業務、BFMの技術、の3つに分かれています。そこで、@を4年分、その後、Aを4年分、・・・というように、やみくもに幅広く勉強しないで、同じような問題を集中的に 勉強してみるのがいいと思います。引っ張った割にはたいしたことなくてすみません・・・。
 あと、はじめて勉強する方(まぁ、ほとんどの人がそうだと思いますが・・・)にはやっぱり財務的な問題がちょっぴりしんどいと思います。売上高と利益の概念とかROAとROEとか知ってるようで意外に曖昧なところありますもんね。そんなわけで、上でご紹介した「総解説ファシリティマネジメント」の 「7.2 FMの財務評価」を通勤電車の中で少しずつ読むといいと思います。おっきなテキストなんで、電車の中で取り出すのは少しばかり恥かしいですけどね・・・。ま、こんなとこです。

[論述試験]
 こちらは、自分も含めた、周りの合格者の意見を勘案すると、それらしいことで紙面を埋めれれば合格っぽいです。過去問題集でも解答例が載ってないのでなんともいえませんが、とりあえず、「それらしいこと」に関する知識を蓄える必要があります。

 で、「それらしいこと」については、まず「総解説ファシリティマネジメント」の「第2章 新しい経営環境とファシリティマネジメント」「第3章 情報環境とファシリティマネジメント」を、これまた通勤電車でなんとなく読んでみるといいと思います。 あとは、毎年、それらしいキーワードってものがあると思いますので、それについても大体の意味を把握しておくと良いです。ちなみに、僕の場合は、2005年に受験しましたが、意識したキーワードとしては「CSR」と「個人情報保護法」とか4つくらいだったと思います(実際に何が出題されたかは覚えてませんけど・・・)。
 次に、そのキーワードをもとに、文字数を気にしながらWordで実際に書いてみて、前日にひたすら暗記です。ここまで、やっておけば、出題内容が多少キーワードとずれてても、勉強した内容を無理やり引用して、紙面をしっかり埋めることが出来るとおもいます。


 最後に、解答速報についてです。当然、マイナー資格なので、資格の学校とかでは取り扱ってくれませんので、2chに頼ることになります。参考までに。
※そうそう、試験勉強中もたまに2chを覗いてみるのもいいかもしれませんよ。あんまり盛り上がってないけど・・・。

 

勉強時間の目安(たく)

[学科試験・論述試験] 3ヶ月程度

たくの場合…
[学科試験・論述試験] 2.5ヶ月
平日  0.5h(通勤時間)×2日×12week ≒ 15h
土日  4h×2日×12week ≒ 100h
total 115h程度

 

参考書