建築物環境衛生管理技術者

 特定建築物の環境衛生管理を行う専門家を認定する厚生労働省管轄の国家資格((財)ビル管理教育センターセンター)
 学科試験(午前:90問 3時間、午後:90問 3時間) 10月上旬
(午前)建築物衛生行政概論、建築物の構造概論、建築物の環境衛生、給水及び排水の管理
(午後)空気環境の調整、清掃、ねずみ、昆虫等の防除

 年度 実受験者数 合格率
 H13 8,365名 、20.8%
 H14 9,031名 、16.0%
 H15 9,709名 、19.5%
 H16 9,625名 、9.8%
 H17 9,959名 、35.3%
 H18 8,632名 、9.4%
 H19 9,489名 、18.4%
 H20 9,312名 、17.9%
 H21 9,918名 、18.4%
 H22 10,194名 、16.7%

当時の取得の秘訣(たく)

難易度 ★★★ (たく)(H17受験、2005.Dec.19取得)

 問題数が180問と非常に多いのですが、過去問の類似問題が合格点分以上に出題されている印象です。したがって、過去問を徹底的にやれば確実に合格です。過去に出たことがない問題は まるっきり無視してもなんとか合格できるのではないでしょうか?とにかく過去問類似問題は一問も落とさない!という気持ちが大事です。
 とはいうものの、特に「清掃」、「ねずみ、昆虫等の防除」はビル管試験以外ではお目にかからない問題ですので、いきなり過去問からやりはじめるとちょっとぐったりしてしまうかもしれません。 そこで、ペー以下部の参考書でご紹介する「ビル管理試験 午前の徹底攻略」と「ビル管理試験 午後の徹底攻略」をコツコツやることからはじめると良いと思います。テキストと問題がセットになっているので、取り組みやすいです。ただし、この2冊で500頁程あるので、 すべての問題を2回ずつこなすのはしんどいと思います。そこで、1回目に間違った問題にはその都度、付箋紙を貼ることがオススメです。そして、間違った問題のみバスや電車の中でサクサク読み返せば万全です
 そして最後の仕上げとして、これまた上記の参考書でご紹介した「ビル管理士試験模範解答集」に取り組みます。6年分1,080問という大量の問題が載っていますが、なんとか2回は取り組みたいところです。その際は、必ず時間を計りながら回答してください! また、先ほどと同じように付箋紙を貼ることもお忘れなく。
 最後に、この試験には、科目あしきりがあります。全7科目のうち、特に「清掃」、「ねずみ、昆虫等の防除」は合格ラインを下回りやすい科目ですので、そのことを十分意識して問題回答に取り組まなければなりません。 「昆虫で1点足りなかった…」なんていう悲しいお話を良く耳にしますので…
※そこまでメジャー資格ではないので、解答速報がありません。2chでちまちまみんなで回答を作り上げていくことになります…。

 

勉強時間の目安(たく)

3ヶ月程度

たくの場合…
2.5ヶ月
土日  7h×2日×10week ≒ 140h
total 140h程度

 

参考書