建築設備士

 建築設備全般に関する知識及び技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行う国家資格((財)建築技術教育普及センター)
 一次試験(学科) 6月下旬 、建築一般知識、建築法規(3時間)、建築設備(3時間)
 二次試験(製図) 8月下旬 、設計製図(5時間30分)

年度 実受験者数 一次合格率 二次合格率 総合合格率
 H14 1,881名 、27.5% 、 49.5% 、18.9%
 H15 2,650名 、29.9% 、 55.3% 、19.2%
 H16 2,544名 、29.8% 、 59.7% 、21.9%
 H17 2,416名 、25.3% 、 55.9% 、18.1%
 H18 2,460名 、23.2% 、 57.1% 、16.7%
 H19 2,137名 、17.2% 、 61.8% 、15.0%
 H20 2,463名 、36.7% 、 59.2% 、23.0%
 H21 2,663名 、25.9% 、 61.6% 、21.1%
 H22 2,729名 、35.4% 、 50.8% 、20.0%

当時の取得の秘訣(たく)

難易度 ★★★★(H16受験、2005.Feb.17取得)

 まず、お話すべきことは、私は機械設備設計を専門(?というには実力がなさ過ぎて恥ずかしいですが…)にしていて、空調設備を選択して受験したので、電気設備担当の方および衛生設備を選択する予定の 機械設備担当の方には、ごめんなさい、正直お役に立てないかもしれません…、ということです。
 それでは、さっそく勉強方法についてです。午前の部は、一級建築士の学科試験を凝縮して、難易度を0.7掛けした感じの問題が出ます。1級建築士で6時間掛けて試験するものを3時間に圧縮するというのだから、 とにかく試験時間の割りに出題範囲がとても広いです。経験のほとんどない若い方(例えば大学院出の入社1、2年目の方)には多少しんどいかもしれません。そういう方には、まず1級建築士の受験をオススメします。 なにしろそちらの方が、最近いろいろたったおかげで知名度が高いですし…。
 というわけで長々書いてしまいましたが、要は、過去問に繰り返し取り組むに限ります。さらに!毎年、建築設備技術者協会や電気設備学会等が 建築設備士学科試験の講習会(東京の場合 4月中旬2日間)を開催してくれます!この講習会への参加は必須です!ちなみに、Amazon等では販売していないため、参考書ではご紹介出来ませんでしたが、この講習会では「建築設備士受験の総合対策(建築編)」、 「建築設備士受験の総合対策(空調衛生編)」、「建築設備士受験の総合対策(電気設備編)」を販売してくれます。教科書としてとてもとても重宝です

 

[建築一般知識] [建築設備]
 まず、上記にて紹介した「建築設備士受験の総合対策(建築編)」を1度取り組むと良いです。テキストと問題がセットになっているので、自信のない分野は、先にテキスト部分をなんとなく読んで、その後問題に取り組むのが良いと思います。 なお、その際、間違ったところや自信のないところには付箋紙を貼っておいてください。試験直前や電車の中で、その付箋紙を貼った部分のみぱらぱらと読み直すことがとても効果的だと思います
 そして、一通り終わったところで、過去問題集に取り組みます。過去問題集としては、参考書でご紹介した「建築設備士試験 問題と解説」を最低2回取り組むと良いと思います。参考書については、良いと思いますというかそれしかないです。基本的に。
 なお、参考書で紹介はしてますが、「建築設備士試験120講」はおすすめしません。なんかうそくさい参考書だなという印象を受けたからです。人によるとは思いますが…。

[法規]
 1級建築士と同様、最も勉強の成果が出る科目です。1級建築士の項でも紹介した「1級建築士に面白いほど受かる本」を参考に、いかに使いやすい法令集を作成するかのみにかかっています。 キーとなる条文から関連する条文へのリンクを書いておくことがオススメです。そうすると、ほんとに困ったときにキー条文から適当にリンク先をめくって、 目的の条文が発見できることがあります。
 なお、建築設備士の法規は、1級建築士の法規と異なり、条文と表現が若干異なる場合があるので注意です。ただし、難易度自体がそれほど高くないので 落ち着いて取り組めば問題なしです。ちなみに、建築設備士の前に1級建築士を受験された方は、その時作成した法令集を持参すると良いです。僕の場合は、その法令集に加え、参考書で紹介した「建築設備関係法令集」を 購入して併用しました。基本的には、1級建築士受験の際に作成した法令集を使用し、設備関連の告示や電気通信事業法等のみ建築設備関係法令集を使用するといった感じです。とにかく、1級建築士の場合と同様、法令集の検索テクニックさえ 身につければ、確実に高得点をとれる科目ですので、日頃から時間を計りながら問題を解く練習をすると良いです!

[製図]
 1次試験が終わるやいなや、2次試験対策の講習会を探してください!なるべく早い時期の講習会に参加する事で、2次試験対の難易度が大きく異なると思います。 なぜかというと、この講習会で配られるテキストを極めること=2次試験合格だからです。他の勉強をしてもあまり効果的ではないと思います。
 ということで、ここからは、このテキストに取り組む事を前提として対策をご紹介します。まず、問題のはじめに、記述問題が10問出題されます。これについては、テキストを参考に汎用的な模範解答を作成し、ひたすらその文章を暗記すると良いです。 次に計算問題ですが、いったん覚えてしまえばパターンも少なく簡単ですので、テキストに載っている問題を覚えるまでひたすら取り組んでください。
 最後に、製図ですが、これも練習するしかありません。 ただし、コツとしては、熱源廻り以外は基本的に毎年同じような系統図になると思いますので、熱源廻りをひたすら描きまくって、パターンを暗記すると良いです。

 

勉強時間の目安(たく)

[一次試験] 4ヶ月程度 、[二次試験] 2ヶ月

たくの場合…
[一次試験] 2.5ヶ月
平日  2h×2日×8week ≒ 32h
土日  8h×2日×8week ≒ 128h
total 150h程度

[二次試験] 2ヶ月 
平日  2h×1日×8week ≒ 16h
土日  6h×2日×8week ≒ 96h
total 120h程度

 

参考書