一級建築士

 建築物の設計・工事監理などの業務を行う建築技術者として認められる国土交通省認定の国家資格(建築技術教育普及センター)
 一次試験(学科)  7月下旬 、計画・法規(3時間)、構造・施工(3時間)
 二次試験(製図) 10月上旬 、設計製図(5時間30分)

 年度 実受験者数、学科合格率、製図合格率、総合合格率
 H14 53,908名 、10.6% 、 36.6% 、 6.4%
 H15 51,283名 、14.5% 、 40.3% 、 8.1%
 H16 47,305名 、25.2% 、 33.5% 、10.5%
 H17 54,210名 、25.0% 、 30.3% 、11.1%
 H18 40,950名 、10.0% 、 31.4% 、 7.4%
 H19 43,566名 、11.3% 、 49.4% 、 8.0%
 H20 48,651名 、15.1% 、 41.7% 、8.1%
 H21 42,569名 、19.6% 、 41.2% 、11.0%
 H22 38,476名 、15.1% 、 41.8% 、10.3%

当時の取得の秘訣(たく)

難易度 ★★★★★(H15受験、2004.Jan.30取得)

 勉強をはじめる前にまず、参考書で紹介した「1級建築士に面白いほど受かる本」を熟読することをオススメします。とにかく幅広く出題されるので、この本を読んで 要領良く勉強する必要があります。学科試験は、計画・法規・構造・施工の4科目受験(合格ラインは4科目合計67/100点程度)ですので、計画・構造・施工各17点、法規22点を 必達目標とするのが良いかと思います(合計73点)。

[計画]
 頑張っても当日の出題問題に大きく左右されてしまいます。むやみに幅広く勉強しても当日やった問題が出ない可能性が高いです。過去問中心に取組むべきです。 また、過去問を解くかたわら出勤時間を利用して参考書で紹介した「1級建築士合格のための問題と解説シリーズ〈1〉計画編」に取り組むと良いです。 コンパクトなので満員電車中でも重宝します。

[法規]
 最も勉強の成果が出る科目です。参考書で紹介した「1級建築士に面白いほど受かる本」にしたがって、いかに使いやすい法令集を作成するかのみにかかっています。 キーとなる条文から関連する条文へのリンクを書いておくことがオススメです。そうすると、ほんとに困ったときにキー条文から適当にリンク先をめくって、 目的の条文が発見できることがあります。そして、なんといっても1級建築士の法規は、建築設備士の法規と異なり、条文と一字一句異ならない問題文が出題されます。逆に言えば、 意味がわからなくても、一字でも条文と異なっている問題文は誤りであることがわかります。したがって、問題文とまったく同じ条文をスピーディーかつ機械的に検索する テクニックのみ身につければ確実に高得点がとれます!ぜったい落とせない科目!膨大な量を検索する必要があるので、日頃から時間を計りながら問題を解くと効果的です。(正攻法でとりくむと逆に最も難しい科目になるかも…)

[構造]
 構造担当者以外は概して苦手意識を持っています。ただし、計算問題以外は意外と同じような問題が出題され続けています。難しい計算問題以外はひたすら過去問に取り組むべきです。 なお、簡単な計算は一度覚えるとほんとに簡単なので確実に覚えましょう。なお、難しい問題はあきらめるか、意味がわからなくても暗記する、程度にしましょう。時間をかけてもしょうがありません。

[施工]
 現場経験がないと実感がわかない科目です。しかし、僕は設備担当者な上、入社一年目に受験したので、かならずしも現場経験がなくても大丈夫です(←この辺がこの試験の悪いところ)。 とにかくすごい暗記力を要求されます。意味がないくらい細かい数値を覚えさせられます。したがって、過去問反復しか方法はないと思います。忘れ防止のために、 出勤時間を利用して参考書で紹介した「1級建築士合格のための問題と解説シリーズ〈4〉施工編」に日々取り組んだり、トイレのドアに大事な数値を貼ったりすると良いです。

[製図]
 資格学校に行くしかないです(ただし、あまり信用できない)。費用は相当かかりますが、毎週宿題をこなす義務というか縛りがないと、なかなか問題を解く気がおきないです…。何しろ最初の頃は1題解くのに8時間くらいかかるので…。 ということで、常に時間を計りながら図面を仕上げることが重要です。また、最初の段階では、4、6コマ程度でひたすらエスキスの練習をして、パターンを見につけることも大事です。 あと、トイレ廻りのみをひたすら描きまくって、どんな空きスペースにでも1秒でトイレを押し込むレイアウトを思いつくくらいにすると万全です。

 

勉強時間の目安(たく)

[一次試験] 6ヶ月程度 、[二次試験] 2ヶ月

たくの場合…
[一次試験] 3.5ヶ月(社員研修終了後からだったので…。激しくきついです。)
平日 ( 朝+昼休み 1.5h + 夜 3h )×5日×14week ≒ 300h
土日  10h×2日×14week ≒ 280h
total 600h程度
(新入社員でモチベーションが高かった上、夏休みも勉強にあてたために可能だった。今やれと言われたらお金もらっても無理だと思う…)

[二次試験] 2ヶ月 
平日 ( 朝+昼休み 1h + 夜 3h )×5日×9week ≒ 180h
土日  8h×2日×9week ≒ 150h
total 330h程度 (日曜日は総合資格学院にて拘束)

 

参考書