もし、アメリカで事故に遭ってしまったら((;゚Д゚)オレシラナイ :  

« 海外赴任直後から生活環境が整うまでには・・・・゚・(ノД`;)・゚・ | トップページ | かくして、たく&ぶー最大の冒険旅行がはじまったヽ(゚∀゚ )ノ »

2007年5月24日 (木)

もし、アメリカで事故に遭ってしまったら((;゚Д゚)オレシラナイ

001_52

2007年4月19日、22:40頃・・・

そう、忘れもしない、人生初の

 

交通事故に巻き込まれた(起こした?)日(||゚Д゚)ヒィィィ!

 

小雨降る、4月にしては寒かったあの晩、出張を追え帰宅すべく高速道路を走っていたところ、突然目の前の車が「超っ!」急ブレーキっ(゚Д゚;∬アワワ・・・

慌ててこちらも急ブレーキを踏み、間一髪のところでなんとか停止っ!!!

 

(-´∀`-) 「ほっ・・・」

 

と肩をなでおろしたのも束の間、

 

ズゴォォーーーーーンッ!!ヽ○ノ┌θ)゚ロ゚) ポルアァッ!!

 

僕の後ろを走ってた車が停まることができず突っ込んできたのでした・・・orz

0021_240022_230023_4

被害的には、ちょっと頭を打ったのと(事故日当日はなんともなかったのに、緊張がほぐれてきた頃に頭がズキンズキンしたり、体中が筋肉痛っぽくなったりして思いのほか時間差を伴って痛みが発生するものみたいです)、車後部左側破損(写真左)、前部左側へこみ(写真中)、トランク内左側破損(写真左)・・・(o;ω;o)ウゥ・・・

 

というわけで、今回の経験を活かし、アメリカで万が一交通事故に遭ってしまったらこうしましょう!ってあたりを書いていこうと思います♪

一般的な流れについて羅列すると、

●事故発生!

●車を道路の脇など安全な場所へ移動させる

●(もしいれば)けが人を助ける →今回はお互いほぼ無事(たぶん)
 ?救急車を呼ぶなど・・・

●警察へ連絡 →今回は勝手に見回りの警官がきた。
 ?はじめての事故の場合は、とかく焦ってよくわからなくなるので、警官に相手からどんな情報を入手すればよいか十分確認しておくこと!
 ?警察報告書 →なくても大丈夫だったけど・・・
 ?英語が苦手なら、このとき、会社のボス他を呼んだり???

●相手側運転手の身元&必要情報の確認!
 ?住所、氏名、電話番号(英語が苦手ならメールアドレスも!)、勤務先
 ?Driver License(運転免許証番号)
 ?相手の保険会社名、Policy Number(証券番号)、代理店連絡先、契約者名
 ?License Number、Vehicle ID Number、ナンバープレート(余裕ある!?)
 ?相手が逃げてもいいように、相手の車をすかさず写真撮ったりも大事???

●事故状況&必要情報のメモ

004_29

 ?日時、場所(通り名等を覚えておく)
 ?事故時の発生状況(日系代理店ならもちろん日本語でOK)
 ?(もしいれば)目撃者の確認

●車が動かなければトーイング(Towing) →今回は普通にそのまま乗って帰宅
 ?AAAに電話してトーイングサービスをうけるなど
 ?修理を始めるのはあくまで、保険会社からのゴーサインがでた後!

●代理店へ事故連絡
 ?事故後すみやかに連絡。保険会社へは代理店を通して連絡してもらう。
 ?代理店指定の事故状況報告書等を記入
 ?(カリフォルニアの場合)10日以内にDMVにSRフォームを提出(人身・死亡事故または750$以上の物損事故の場合のみ)。車両破損は物損じゃないのかなぁ???今回はこんなの書類書かなかったなぁ、たしか・・・(´Д`A;)

●その後
 ?必要ならば病院に行く(Copayment15US$くらい!?の領収書をもらっておく)
 ?今回の僕のように業務時間中であれば、労災扱いになるので、その申請に必要な書類も記入する
 ?保険屋さん(僕の場合はTokyo Marine)が電話してくるので事故の状況を話す(英語がわからん場合は頼めば通訳を入れてくれるはず!?)
 ?保険屋さん、修理会社と一緒に、車の修理費用&日程を詰める。

上記?がなかなか厄介で、これが決まらないといつまでたっても車は治せないし、レンタカーも借りれないんですっ!!!(レンタカー代も保険で出してもらえるので、ある程度の処理が終わってからレンタカーを手配すべき)

0031_180032_15 

というわけで、しばしの間は、テープで仮押さえしてみたり(;¬∀¬)ハハハ…

で、僕の場合は、
?保険屋さんのアジャスターという輩が車を見に来て(これがなかなかきやしない!)、修理会社がべらぼうな修理費用を保険会社に請求しないように、修理費用概算額を算出
?修理会社が車を引き取りにきて(このとき、修理会社が用意したレンタカーと交換し)、修理会社が再度、修理費用を算出
?保険会社のアジャスターと修理会社が費用について話し合い、妥当な金額で折り合えたら、保険会社より修理開始のゴーサイン!
ただし、実は車内部に重大な破損が見つかった!などの場合には、保険会社アジャスター算出額と修理会社算出額とに大きな乖離が発生する可能性があるので、再度アジャスターに車を見に来てもらう必要がある。
?修理、車両引渡しにてすべて完了♪

ちなみに、今回の場合は、レンタカーは一日40US$を上限として(保険代除く)、30ビジネスデー分の費用を保険会社が支払ってくれ、車両の修理には約3週間(パーツの取り寄せ含む)、費用としては4,800US$以上(うち500US$は保険適用外で自分たちで払う)!もかかってしまったのでした・・・orz

会社の皆様、多大なご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした(涙)

この場をかりて(?)お詫びいたしますm(・ω・m)ソーリィ

 
と、こんな感じですかね?何かのご参考になれば幸いです'`ィ(´∀`∩

おしまい 

HPもよろしくお願いしまーす(・∀・)アヒャ!!→Banner

|

« 海外赴任直後から生活環境が整うまでには・・・・゚・(ノД`;)・゚・ | トップページ | かくして、たく&ぶー最大の冒険旅行がはじまったヽ(゚∀゚ )ノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外赴任直後から生活環境が整うまでには・・・・゚・(ノД`;)・゚・ | トップページ | かくして、たく&ぶー最大の冒険旅行がはじまったヽ(゚∀゚ )ノ »