たく的世界の絶景ランキング20(As of 2011.Mar.6)

 たくがこれまで見てきた、世界の絶景の中から、たく的に特にオススメの絶景を勝手にランキングしちゃいます。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
 もちろん、その場所を訪れたときの状況(トラブルへの巻き込まれ具合とか疲労度とか・・・)や、そこにどんだけ高い期待度を寄せてたかによって、たく的な評価は変わるわけなんで、「えっ!?ここしょぼくない!?」とかっていう突っ込みはなしでお願いしまぁ~すΣ(ノ∀`*)ペチッ

第一位 レンソイス・マラニャンセス国立公園

レンソイス・マラニャンセス国立公園

 文句なしの第一位は、ブラジルのレンソイス・マラニャンセス国立公園!これをTVでひと目見ただけで、それまで無理だと思ってた南米行きを決断させてくれたほどの吸引力! そして、その大きすぎる期待をまったく裏切らなかった稀有な絶景!特にセスナ機からの眺めがやばいっ!この絶景を超える可能性があるのは、雨季のウユニ塩湖ぐらい!?
 とにかく、月並みですけど、ほんっとこの世のものとは思えない、広大な白い砂丘とエメラルドグリーンのラグーンをぜひぜひその目で確かめてくださいっヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ →Brasil

第二位 ウユニ塩湖

ウユニ塩湖

 フライトキャンセルに選挙、挙句の果てにストライキにまで巻き込まれ、この地へ辿り着けなかった2006年夏・・・。そして、リベンジに燃え満を持して乗り込んだ2007−2008年、年末年始!あいにく、本格的な雨季には入りきれていなかったものの、 それでも薄っすらと水を湛えたウユニ塩湖に映る青い空は超!超!感動ものでした。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク
 そして、ウユニ塩湖とセットで回るエドゥアルド・アバロア国立保護区(赤い湖ラグーナ・コロラダ、緑の湖ラグーナ・ベルデ、ラグーナ・カニャーパ・・・)にまで、とてもとても地球の光景とは思えないまだ見ぬ絶景と、ピンクの衣につつまれたフラミンゴたちが待ち受けていた!→Bolivia

第三位(同率) 南極

南極

 老後や、長期旅行者にしか行けない、ってずっと思ってた南極大陸。海岸で僕らを待ち受けるおびただしい数のペンギンたちに、四方八方を取り囲みながら押寄せる青白く輝く氷河群。こりゃ、やばいでしょ!! 厳しい天候によって観光が大きく左右されちゃうし(実際、僕らは予定の半分くらいしか観光できなかった(o;ω;o)ウゥ・・・)、お金的にも確かに厳しかったけど、人生一度きりと思って絶対足を運んでみてくださいね!Antarctic Dream号、最高っ!!!
 ちなみに、この南極大陸訪問で、ついに世界七大陸(七大州)制覇しました!! →Coming Soon!(速報はこちらから)

第三位(同率) オーロラ(アラスカ州フェアバンクス)

オーロラ(アラスカ州フェアバンクス)

 3連泊したフェアバンクスの最後の夜のほんっとに最後、現れてくれた光のカーテン、オーロラ!空一面に文字通り広がった光のカーテンは、想像していたよりもずっとずっと速く、まるで本物のカーテンのようにひらひらとなびき、姿かたちを変えていきましたヽ(゚∀゚ )ノ
 オーロラ観測には、1年間で243日もオーロラ現象が起き、かつ、1月~3月の平均降水量が少ないアメリカはアラスカ州のフェアバンクスが断然オススメ! →Alask

第五位 ボラボラ島(タヒチ)

ボラボラ島(タヒチ)

 ハネムーナー憧れの地として知られる、太平洋の真珠ボラボラ島。2008年9月21日、念願かなってこの島で挙式をあげることができた、たく&ぶーにとっては一生忘れることのできない地となった(☆´□`)サイコォォォー
 「青」という一色では表現できない濃淡を持つ美しい海と青い空、白いビーチとタヒチの花、ティアレ。水上バンガローにホスピタリティいっぱいのサービス、かつ毎晩マンタがやってくる高級リゾート、ホテル・ボラボラ。さらには、ものすっごい密度の魚群にエイ&サメであふれるエメラルドグリーンのラグーン! いくら高くたって、絶対、死ぬまでにもう一度行きたい!!そう思わせてくれるパラダイスでした。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク →Tahiti


第六位 イグアス国立公園

イグアス国立公園

 ナイアガラの滝を見たからって世界三大瀑布を見た気になってるそこのあなた!完全に誤解です!ここイグアスを見たら、なんでナイアガラと同列なの??って絶対疑問に思いますから!
 圧倒的な水量ゆえに、どこから眺めても悶絶するほどの絶景ですが、特にオススメなのはヘリコプターからの眺め!大地の裂け目から虹が立ち上がるっ!(≧▽≦)ノ→Brasil

第七位 ロス・グラシアレス国立公園(パタゴニア)

ロス・グラシアレス国立公園

 南米最南端のパタゴニア地方に位置し、南極、グリーンランドにつぐ氷床面積を誇る、ロス・グラシアレス国立公園。そこには、青白く発光するペリト・モレノ氷河やスペガッツィーニ氷河(写真上)といった 20階建て高層ビルにも匹敵する巨大氷河が待ち構えていました!圧倒されること間違いなしっ!ヾ(≧∇≦*)/ →Argentina

第八位 エンジェルフォール(カナイマ国立公園)

エンジェルフォール(カナイマ国立公園)

 失われた大地「ロスト・ワールド」として知られる、南米はベネズエラの秘境ギアナ高地。太古の大地を偲ばせるカナイマ国立公園の見所といったら、なんといっても、落差979m!という想像を絶する滝、その名もエンジェルフォールっ!と、 もし天国があるとしたらこんなところじゃないか?と思わずにはいられない、眩しい日差しに、深い緑と空の青、そして白く泡立つ蒼き水を湛えるカナイマ湖で間違いないっd(≧▽≦*d) →Venezuela

第九位 モニュメント・バレー

モニュメント・バレー

 たく&ぶー初のキャンプ&ドライブ旅行となった2008年のグランドサークル旅行。数々の国立公園その他の絶景を目の当たりにした、たく&ぶーをして、この旅一番の絶景!と言わしめたのが、 このユタ州からUS163号線を南下すると飛び込んでくる、モニュメント・バレーの超絶景!ビュートに向かって一直線に伸びる道路に、広大なアメリカ大陸を実感できること間違いなし!
 最後にもう一度言います。モニュメント・バレーには絶対にユタ州から南下してくること!感動が絶対何倍にも増幅されますから!ヾ(*´∀`*)ノ゛ →GrandCircle

第十位 ヴィクトリア・フォールズ国立公園

ヴィクトリア・フォールズ国立公園

 ナイアガラ、イグアスに続き、世界三大瀑布最後の訪問となった、ジンバブエ、ザンビアにまたがるヴィクトリア・フォールズ。時期的に水量の少ない時期ではあったようですが、それでも、その豪快さと美しさは驚愕に値しました。特に、カタラクト・ビューという場所からの眺めは本当に最高で、轟音鳴り響く中、まだ見ぬ滝を心待ちに森の中をひたすら歩けば、 木陰から7色の虹と共に上の写真のような光景が目に入ってくるんだからもう、久しぶり超興奮してしまいました!
 ちなみに、高さ111mを誇る、ヴィクトリア・フォールズ大橋からのバンジージャンプも良い思い出になりました♪ 怖かったですけど →Coming Soon!(速報はこちらから)

世界絶景旅行 世界絶景旅行
1.著者:由佐卓也(たく)&麻奈美(ぶー)
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★★(自画自賛!)
3.書評:2010年11月25日、ついにこのHPの旅行記が書籍化されました!約1年に渡って、出版社の方にご迷惑をお掛けしながら作成した苦労も、紙の本となって目の前に現れた瞬間、 一気に吹き飛んでいきました!頑張った甲斐あり!というわけで、サラリーマンながらに旅した世界の超絶景の数々をご堪能あれ!(blogでの紹介記事はこちら

第十一位(同率) ザ・ウェイブ(パリア・キャニオン)

ザ・ウェイブ(パリア・キャニオン)

 あまりにも情報(特に日本語の情報)が少ない上に、ここを訪れるには一日合計20名にしか発給されない許可証が必要という、「よし、行ってみよう!」と思ってもなかなか行けない秘境がここ、The Waveヾ(≧∇≦*)/
 レンジャーオフィスで開催される抽選でなんとかもぎ取った許可証を片手に、とてもとても普通の人が行くような場所ではない、トレイルすらない灼熱の大地を迷子になりそうになりながら命懸けで歩いて辿り着いたその場所には、 まるで油絵のパレットのような、とてもとても自然が創り上げた光景とは思えない、ありえない世界が広がっていた゜+.(・∀・).+ →GrandCircle

第十一位(同率) イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園

 アメリカ三大国立公園最後の訪問の地となった、ここイエローストーン国立公園。グランドキャニオンも、ヨセミテも良かったけど、ここが圧倒的に良かったです!
 というのも、園内の至るどころで見ることが出来る、直径113mを誇るグランド・プリズマティック・スプリングをはじめとした、とても自然の色とは思えない色彩を放つ温泉や間欠泉の美しさもさることながら、 これでもか!って程に密集したアメリカン・バイソンの群れやグリズリーといった動物達(+オバマ大統領)に出会えたのもグッド♪ →Yellowstone

第十三位 グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園

 ほんとに川なんかに削られてできたの!?って疑いたくなるような壮大なグランド・キャニオン国立公園!まるで定規で測ったかのような、水平&一直線ぶりにはただただ言葉を失います!
 オススメな見学方法は、とにかく最初の対面前にグランド・キャニオンをちょろ見しないこと!直前までうつむいたり、目をつぶっててくださいっ! とっておきの場所で最初に目を見開いたときに広がる一瞬の光景こそが最高の光景となるはずですから! →GrandCircle

第十四位 ブライスキャニオン国立公園

ブライスキャニオン国立公園

 グランドキャニオンやモニュメントバレーと比べれば、確かに知名度はぐっと低いかもしれない。でも!青空に映える、赤、橙、白で彩られたここブライスキャニオンの尖塔群は、間違いなく、それらに勝るとも劣らない超絶景!上から見下ろす尖塔群も、下から見上げる尖塔群もどちらもオススメです!
 ラスベガスからもそれほど遠くない場所にあるので、ラスベガスを訪れた際には、グランドキャニオンに加えて、ぜひ、ここブライスキャニオン国立公園訪問も視野に入れてみてくださいね! →GrandCircle

第十五位 クルーガー国立公園

クルーガー国立公園

 自然の絶景ばっかりで最近飽きてきちゃった、なんていう贅沢な方(笑)、たまには一風変わった絶景を楽しんでみましょう!ここクルーガー国立公園では、「ビッグファイブ」と呼ばれる、ゾウ、ライオン、サイ、ヒョウ、バッファローの全てに出会う事ができちゃいます!
 そして、レンタカーを使って自分で園内を回れるし、国立公園局が整った施設と様々なアクティビティーを提供してくれているため、ツアーなんかに参加しなくても、自分で自由かつ安価に旅程を組めるのもグッド! 特にオススメなアクティビティーは、銃を持ったレンジャーと一緒に、猛獣ひしめくサバンナを歩く、モーニング・ウォークとアフタヌーン・ウォーク!茂みからちょっと音がするだけでびっくりすること間違いなし! →Coming Soon!(速報はこちらこちらから)

第十六位 グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフ

 メジャー級観光地だからって甘く見てました・・・(汗)セスナ機遊覧2回と、帰りの飛行機(写真上)から1回の計3回も堪能してしまいました.+゜(・∀・)゜+.゜
 圧巻は飛行機から俯瞰するグレート・バリア・リーフ!!!帰りの便は左側窓席を断然オススメしちゃいます!ちなみに、もし、帰りの便の座席が右側だったら、ランキングに入ってこなかったかも(笑) →Australia

第十七位 カナディアン・ロッキー

カナディアン・ロッキー

 これだけ簡単に、誰でも絶景を味わえる場所は、世界中を探してもなかなかないかも!?飛行機でふらっとカルガリーに飛び、レンタカーを走らせるだけで、モレイン湖、ペイトー湖を筆頭に、そこら中で、美しいターコイズブルーの氷河湖が目の前に広がります! にしても、いったい、どんだけ湖密集してるんだよ・・・( ̄□ ̄;)アセアセ..... あと、小規模ではあるけども、ついでに氷河まで拝めちゃいます♪
 ただ、物価が激しく高いのだけがいただけませんね・・要覚悟(笑)・ →Canada

第十八位 ガラパゴス諸島

ガラパゴス諸島

 言わずと知れた、世界自然遺産第一号!船酔いに苦しまなければ、イザベラ島に行っていれば、と悔やまれる点も多いんですけど、人を恐れることなく悠々自適に暮らす動物達と火山でできた島々が織り成す景色は圧巻です! 行きたい島はまだまだあるし、ダイバーとしても行ってみたいし、ついでにキトにも寄りたいし、んー、また行かねばっ!o(*≧д≦)o →Ecuador

第十九位 富士山

富士山

 初めて「生」富士山を目にしたのは、ヨーロッパ一人旅へ旅立った機内からでした。雲を突き破ってそびえ立ち、日本国民としての偏狭な愛国心を感じずにはいられない、 その凛とした美しさ。そして、河口湖畔から望む、これでもかってくらいの末広がりぶりに2度目の感動を覚え(写真上)、さらに、 ぶーと二人でご来光に挑戦した富士登山で駄目押し的な3度目の感動を味わうことができました(・∀・)。+゚♪ →East Japan

第二十位 ブルーホール

ブルーホール

 世界第2位の広さを持つ珊瑚礁、世界遺産ベリーズ・バリアリーフにぽかっと口を開けた、直径300mを越す大穴ブルー・ホール゜+.(・∀・).+゜ まばゆいばかりの珊瑚礁の青と、それよりもさらに深いブルーホールの青、そんな絶景を拝むにはセスナ機遊覧が絶対オススメ!天気がもっと良いときに、もう一度リベンジしたーいっ!! →Coming Soon!(速報はこちらこちらから)

世界絶景旅行 世界絶景旅行
1.著者:由佐卓也(たく)&麻奈美(ぶー)
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★★(自画自賛!)
3.書評:2010年11月25日、ついにこのHPの旅行記が書籍化されました!約1年に渡って、出版社の方にご迷惑をお掛けしながら作成した苦労も、紙の本となって目の前に現れた瞬間、 一気に吹き飛んでいきました!頑張った甲斐あり!というわけで、サラリーマンながらに旅した世界の超絶景の数々をご堪能あれ!(blogでの紹介記事はこちら

参考 割と客観的、「世界の絶景」10選゜+.(・∀・).+゜

割と客観的、「世界の絶景」10選゜+.(・∀・).+゜
2007年9月14日の日記
今月22日からのガラパゴス諸島旅行まで10日をきった昨日、ガラパゴス諸島でのクルーズやエクアドル国内線手配をお願いした、現地日系旅行代理店「サロンゴ・エクアドル」の ご担当者の方(ここの方は皆さんめちゃくちゃ親切っ!)から、こんなメールが届きました→ヾ(´▽`*;)『(ご担当者の ...続きはこちら