2011年7月25日 (月)

速報!!アメリカ北西部の国立公園を回ってきましたヽ(゚∀゚ )ノ

001

 

いやー、ご無沙汰しております(・ω・;A)フキフキ

実に4ヶ月半ぶりの更新・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

 

というわけで、7月1日から9日までの9日間、いよいよ米国駐在最後の旅、とかこつけて、これまで行けずにいた、

(というより、行きたいと思える程の見所とは思えなかった、が正解か・・・(;¬∀¬)ハハハ…、爆)

ワシントン州&モンタナ州+カナダの国立公園巡りに行ってまいりやした≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

 

そんなわけなんで、いつものとおり、長い速報です( ´,_ゝ`)プッ

カリフォルニア州のお隣、オレゴン州のポートランドに降り立った、たく&ぶーが、レンタカーを借りるや否や5分程で同州を後にして(笑)、まず最初に向ったのが、 

002

 

セントへレンズ火山国定公園゜+.(・∀・).+゜

 

まぁ、まさしく、こんな機会でもなければわざわざ足を運ぶような場所でもないわけだけども、ぱっくり割れた頂を見ていると(写真上)、一気に標高400m分もぶっとばしたらしい、1980年の大噴火の激しさを垣間見れるわけで、思ってたよりはちょっぴり見応えが合ったりw( ̄△ ̄;)wおおっ!

なんか、火口の周りが焦げてるみたい・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

続いて、そこから数時間の位置にあるマウントレニエ国立公園に前回のリベンジを果たしに行こうと思ったものの、ネットで見る限りあまりに降雪が凄すぎそうなのでスキップし、急遽、そのまま、世界自然遺産(←今や、かなり価値薄な冠だけども)、

00310032

 

オリンピック国立公園へΣ≡≡≡((っ`・Å・)っ ドピューン

 

苔むした温帯雨林ホー・レインフォレストに(写真左)、ありえない程に打ち寄せた流木とどんよりとした空模様が不思議な雰囲気を醸し出す海岸地域(写真右)、そして、 

004

 

雪化粧したオリンピック山脈と(写真上)、変化に富んだ自然がウリ、らしい・・・

といっても、絶景にはちょっとうるさい、たく&ぶー的には、 

00510052

 

トレイルの途中で偶然出会う、マーモットやら(写真左)、ミュールジカ(写真右)なんかの方がよっぽど感激だったりして(;¬∀¬)ハハハ…

  

それでも、ここオリンピック半島の港町ポート・エンジェルスからフェリーで1時間ちょっとというご近所にある外国、

006

 

カナダのビクトリアに日帰り旅行なんて洒落込めば、由緒正しきフェアモント・エンプレスホテルでの(写真上)、 

00710072

 

アフタヌーンティーやら(写真左)、オルカウォッチングなんかも楽しめちゃうので(写真右)、短い時間でいろいろ楽しむ、っていう観点だと、オリンピック半島観光は良いのかも( ´,_ゝ`)プッ

 

続いて、ポート・エンジェルスから一路東へ東へとひた走り、オリンピック半島に次ぐ、ワシントン州のもう一つの見所であろう、

009

 

カスケードループ、1泊2日ドライブへヽ(゚∀゚ )ノ

ドイツ風の街並みで村おこしに成功した(?)レベンワースや、米国屈指の深さを誇るシュラン湖なんかを横目に、ノースカスケード国立公園を横断♪

といっても、厳密には、国立公園内を簡単に散策することはできないんで、一応、形式的に(?)ノースカスケード国立公園の見所と言われている、ワシントン峠と(写真上)、 

0082_2

 

ダイアブロ湖(写真上)なんかを眺めて観光完了ということにして(笑)、シアトルからおよそ6年ぶりとなるアムトラック、 

01010102

 

「エンパイアビルダー」ヽ(゚∀゚ )ノ

に乗り込んで(写真上)、この旅で一番楽しみにしていた(というより、ここまではおまけだったり(;¬∀¬)ハハハ… )、 

011

 

グレイシャー国立公園へヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

 

いやー、ここは正直、久しぶりに良かった、ほんと゜+.(・∀・).+゜

積雪のせいで、グレイシャー一番の見所、ローガンパスにはアクセスできなかったけども、それでも、最初に訪れた見所、アバランチレイク(写真上)では、往復3時間のトレイルの疲れを吹飛ばす絶景をいきなり拝めたし、 

013

 

荒々しい山々にエメラルドグリーンの湖、そして氷河へと至る、グリネル氷河トレイルも、これまた絶景だった。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚(写真上) 

014

 

(写真上) トレイル沿いに咲き乱れる色鮮やかな花々もグッド!!!ヽ(゚∀゚ )ノ  

 

そんなわけで、

0121_2Dsc08929 

ここ、グレイシャー国立公園は、間違いなく、 

015

 

今年2月に訪れた南極以来どこかへ消えうせてしまっていた、心の底から湧き上がるような絶景への感激を、ほんと久しぶりに蘇らせてくれる超絶景で、この秋に生まれる我が家のベビ君を連れてまた来たい!!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

 

それに、イエローストーン国立公園以上の「熊の王国」なんて言われているだけあって、 

01610162

 

グリズリー(写真左)や、ブラックベア(写真右)にも出会えたし、まさにグレイシャーの象徴とも言うべき、 

017

 

真っ白なマウンテンゴートまで拝めちゃったんでもう激しく感激っ!!!(写真上)

やっぱ、「自然+動物」を堪能できる場所が一番楽しいっ!!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

そういう意味でも、ここグレイシャーは、たく&ぶー的に一番大好きな国立公園、イエローストーンに匹敵する素晴らしさだったよヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

 

ちなみに、このグレイシャー国立公園と、国境を挟んで隣接するカナダの、

018

 

ウォータートンレイク国立公園(写真上)

 

とをあわせて、「ウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園」として世界自然遺産に登録されているそうで、何を隠そう、世界で唯一の国際公園なのだそうだ(・0・。) ホホ−ッ

そんなわけなんで、せっかくだし、ウォータートンレイク国立公園まで足を伸ばしてみると、さすがに、絶景と言う意味ではグレイシャーには叶わないものの(ちょっと開発されすぎちゃってるしね(;¬∀¬)ハハハ… )、 

01910192

 

あいかわらずブサイクちゃんなバッファロー(写真左)や、プレイリードッグに(写真右)、イエローストーン国立公園旅行の時からずーっと見たかった、 

020

 

ビッグホーンシープともついに対面することができて(しかも、レンジャー事務所の駐車場で(;¬∀¬)ハハハ… )、結果的には超満足ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ  

さらに、鼻スジがスキっとした、 

021

 

イケメン君のブラックベアの子供(?)にも出会えちゃったしねぇ〜(写真上)

 

というわけで、序盤は微妙な見所が続いたものの(爆)、最後はグレイシャー国立公園で思う存分絶景を堪能し、お金も有給も使い果たした今、もう思い残すことなく日本に帰れるよ(笑)

(とかつって、残りの4ヶ月間でまたどっかに旅立ってたりして(;¬∀¬)ハハハ…)

   

おしまい゜+.(・∀・).+゜

HPもよろしくお願いしまーす(・∀・)アヒャ!!→Banner   

| | コメント (5)

2011年3月 6日 (日)

速報!!南極から帰ってきました。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

001

というわけで、およそ1週間前に、南極から帰ってまいりやした!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

 

HPで大々的にアピールしていたわけではないんで、
(僕は最近始めたツイッターで、ぶーはmixiボイスで多少つぶやいてたけども)

 

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

 

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、2月の上旬に、ラストミニットレートと呼ばれる、南極クルーズの格安チケットがゲットできることになり、急遽、一週間で国際線や宿泊先の手配やら環境省への届出といった南極旅行の準備を済ませて、約2週間に渡る南極(+ブエノスアイレス&ウシュアイア)の旅に行ってきやした♪≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

 

そんなわけなんで、以下、最近恒例の速報(つっても長いです、(;¬∀¬)ハハハ… )♪

ラストミニットレートをゲットしてから1週間後の2011年2月15日、

00210022

我が家を出発し、翌朝アルゼンチンに到着した僕らは、タンゴ発祥の地として知られるボカ地区のカミニート(写真左)をはじめとした首都ブエノスアイレス観光に、南米最南端にあって世界最果ての町として知られるウシュアイア観光(写真右)をこなし、 

  

2011年2月18日、 

0040051

ウシュアイア港から南極ドリーム号(Antarctic Dream)に乗り込んだヽ(゚∀゚ )ノ(写真上)   

ちなみに、いくらラストミニットレートといっても、ウシュアイアからの10泊11日クルーズで一人40万円弱くらいだったり・・・(o;ω;o)ウゥ・・・(食事込み、チップ100ドル程度除く)

その後、

まる二日間をかけて、南米最南端と南極半島北端との間の海峡で、

「絶叫する60度(Shrieking Sixties)」
(南緯60度から70度にかける海域の俗称)

に属する海域として知られる、世界で最も荒れる海域の一つ、

「ドレーク海峡(Drake Passage)」

を越えるエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

006

といっても、運よく、稀に見る穏やかさに恵まれた上に(それでも常時±15度くらいの横揺れはあったけども)(写真上)、あらゆる船酔い対策を行っていった僕らはなんとか吐くこともなく、南極半島の北に位置する、最初の目的地、南シェトランド諸島にたどり着いた゜+.(・∀・).+゜

00710072 

(写真左) かなり低いところに雲があり、山々の頂がどれくらいの高さなのかが全然わからない。僕らが見た南極は、いっつもこんな感じ(・0・。) ホホ−ッ

(写真右) 上陸に備えて靴を消毒中のぶー。出航後4日目にして初の上陸じゃーヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

 

んで、最初の上陸地、南シェトランド諸島の中にあるアイチョー諸島(バリエントス島)で僕らを待ち構えていたのは、おびただしい数の、

008

ジェンツーペンギン!!ヾ(*´∀`*)ノ゛(写真上)

船内での上陸前レクチャーで、ペンギンからは5m以上離れて観察するように!って言われたけども、海岸にこれだけいると、とても無理な要求なわけで(;¬∀¬)ハハハ… 

00910092  

(写真左) 両目をつなぐ白い帯模様が特徴的なジェンツーペンギン♪

(写真右) 体長3mはある南ゾウアザラシ(Southern Elephant Seal)のメス

初上陸で印象的だったのは、なんといっても、ゾディアック(10名乗り程度のゴム製ボート)が海岸に近づくに連れて鼻を突いてくる、(ペンギンたちの排泄物のものらしい)臭いと(笑)、 

01010102

そこら中にころがっている鯨の骨や(写真左)、捕食者に食べられてしまったペンギンの死骸(写真右) 

この場所が、誰でも彼でもが来れる観光地ではない、そのままの自然が守られてる場所なんだ、ということを改めて認識させられた。

 

んで、その日の午後、これまた同じく南シェトランド諸島の、

011

ハーフムーン島に上陸ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃(写真上)

ここでは、午前中に見たアイチョー諸島とは異なり、  

01210122

くちばしの下に髭のような一本線があるのが特徴的なチンストラップペンギン(ヒゲペンギン)がルッカリー(集団営巣地)を形成していた(写真左)

(写真右) 横顔は、なんだかニヒルな感じがしてかわいくないけども、正面から見るとなかなか可愛げだし、競歩でもしてるかのようにヒョコヒョコと歩く姿も(そして稀にそのまま前のめりにこける姿も)、激しくかわいい♪チンストラップペンギン(。?????。)ププッ

 

続く、5日目の午前は、南シェトランド諸島を越え、ついに南極半島近傍にたどり着き、

013

クーバービル島に上陸ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ(写真上)

南極半島にたどり着いた、といってもまだそれに隣接する島に上陸しただけなので、南極大陸自体に上陸できたわけではないが、それでも、海に浮かぶ氷山は、南シェトランド諸島で見たそれよりもずっと大きいし、そんな氷山をバックにしたペンギンたちは激しく絵になるしでもう大興奮ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

うちら、南極に来たんだぁ!!!(_≧Д≦)ノ彡☆♪ 

01410142

(写真左) 南シェトランド諸島よりも南、もっと寒い南極半島に来たせいか、南シェトランド諸島よりも繁殖のタイミングがちょっと遅れているようで、ここでは、卵から孵ったばかりのヒナや泥だらけの羽毛で覆われたかわいい子供たちを拝めちゃう(冒頭写真)

(写真右) カメラを向けるとキュートなポーズをとる、サービス精神旺盛なオットセイ(Fur seal)

 

でもって、その日の午後、今にして思えば最初で最後にして最高の絶景を堪能するできたアクティビティとなった、アンバース島のトンプソン半島西岸、

015

パタゴニアベイでのゾディアッククルーズがスタート!!ヽ(゚∀゚ )ノ (写真上)

016

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これまでとは打って変わった青空の下、白光りした大きな大きな氷山がそこら中に浮かび(写真上)、 

01710172

四方八方に、氷河が押寄せる崖っぷちがそびえ立つ(写真左)、もうそれはそれは見事な超絶景の数々ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

(写真右) パチン、パチンと音を響かせながら溶けていく、たくさんの気泡が閉じ込められた青い氷山片。

『南極の音』だねぇ〜。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

018

でもって、ここでは、白と青の絶景のみならず、氷河の崩落や、

01910192

氷片の上でのんびりと昼寝中の、ヒョウアザラシ(Leopard seal)(写真左)やらカニクイアザラシ(Crabeater seal)(写真右)なんかも拝めたくらいにして、

020

ほんと、超がつく程感動の3時間クルーズだった(_≧Д≦)ノ彡☆♪

が、

人生それほど甘いもんじゃないようで(涙)、この日を最後に、天候が大変なことになり、

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

アデリーペンギンの営巣地が見られたらしいピーターマン島&ヤロー島(Yalour)に、南極上陸記念スタンプがもらえたり、手紙も投函できたらしい元イギリス南極基地があるポートロックロイ、そして、南極にも関わらず水着で温泉を楽しめるデセプション島といった、クルーズ後半の見所ほぼ全てを断念せざるを得なかった。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

 

それでも、悶々としつつも南極ドリーム号から見続けた、 

021

あまりにも冷たい海水に雪が降りそそいだときにできる、薄っすらはった雪の層の美しさや(パンケーキって呼ばれてた)(写真上)、 

022

押寄せる青白い氷河の豪快な光景には圧倒されまくった(写真上)
(といっても、さすがに終盤には飽きてきて、大富豪ばっかりやってたけど( ´,_ゝ`)プッ)

 

でもって、7日目の夕方、確かに見応えという点では???ではあったものの、それまで実現できずにいた南極大陸自体への上陸も、「悪天候続きのこの状態で帰らすのはさすがにかわいそうだ」とクルーの皆さんが必死になって探してくれたんだろう、 

02310232

スピゴット・ピーク(Spigot Peak)と呼ばれるポイントでなんとか果たせた(写真上)

ちなみに、南極ドリーム号のクルーでここスピゴット・ピークを訪れことがある人は誰もいなかったらしいエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

となると、そんな場所に総勢70名強の観光客を上陸させるというこの決断は、南極ドリーム号のクルーにとってもさぞかしリスキーなものだったことは容易に想像つくわけで、感謝感謝(_≧Д≦)ノ彡☆♪

025

(写真上) 南極大陸上陸を記念して、このクルーズで一緒になったコージさんユカさんご夫婦と台湾の女の子と一緒に、シャンパンで乾杯♪ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ  

 

と、終わってみれば、南極半島近くにいた5日間のうち、船から出てアクティビティに参加する事ができたのが、わずか2日半の5回という近年稀に見る不運ぶりを発揮してしまったわけだけども(ちなみに、僕らの直前のクルーズでは10回Σ(゚Д゚;エーッ! )、

028

あの快晴の中でのゾディアッククルーズが全てを打ち消してくれる程の超絶景だったし、南極で出会ったかわいい動物たちに加えて、世界各国17ヶ国から参加しにきた旅人からちょこちょこいろんな話を聞けたのは楽しかったしで(といっても、80%くらいは僕らを含む5名の日本人+台湾の女の子のアジア勢で固まってたけど(;¬∀¬)ハハハ… )、ほんと、

思い切って南極に行ってみて良かった!!ヽ(゚∀゚ )ノ

(写真上) エクスペディション・スタッフでウシュアイア出身のマックスこと、マキシミリアン君とアジア勢で記念撮影♪

02710272

(写真左) 終盤はさすがにアジア料理が恋しくなっちゃったけども、3食それなりにちゃんとしたご飯を食べれたのはうれしい限りだし、10日間毎日同じで正直うんざりだった朝ご飯も今となってはなんだか懐かしい( ´,_ゝ`)プッ

(写真右) スピゴット・ピークでの南極大陸上陸を記念して、エクスペディション・リーダーのロドリゴから上陸認定証を授与されちゃったヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

 

そんなわけで、

029

南極ドリーム号のクルーの皆さん、11日間お世話になりましたー。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

でもって、次は北極で白熊だね、こりゃ( ´,_ゝ`)プッ

あと、ありえないくらいにキングペンギンが密集して生息してるらしい、南ジョージア島にも行ってみたいっ!!!ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

ではでは、南極旅行記(本編)をお楽しみにぃー。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

  

おしまい゜+.(・∀・).+゜

HPもよろしくお願いしまーす(・∀・)アヒャ!!→Banner   

| | コメント (3)

2011年2月15日 (火)

アルハンブラの思い出゜+.(・∀・).+゜

001

2009年9月28日

 

グラナダといったらアルハンブラ宮殿とフラメンコ、

なわけだけども(うちら的に)、入場制限があってチケットが売り切れてしまうこともあるアルハンブラ宮殿の入場チケットは出発前にネット予約してあったので、残るは今夜のフラメンコの予約!!!゜+.(・∀・).+゜

 

ということで、早速、市庁舎近くにある「日本語情報センター」にて、今宵の洞窟フラメンコ「ロス・タラントス」のショーと往復送迎、さらに、アルハンブラ宮殿を望む、アルバイシンの丘夜間ツア−がセットになったツアーを申し込む(。?????。)ププッ

ちなみに、ここの館長?ったらなかなか個性的な方で、そこで扱ってるフラメンコツアーのキャッチコピーに、なんと、

 

妖怪フラメンコ婆ぁ登場!!

 

とかってつけてみたりと、なんか思い切りが良すぎるっていうかなんというか、すごいっス・・・(?▽?*) ・・・ァハハ

0021_20022_2

日本語情報センターからレイジェス・カトリコス通りを東に向って歩き、ヌエバ広場の手前で朝食をとった後(写真上)、   

00310032

1kmくらいは続きそうな勢いではあったけども、歩いてゴメレス坂を登り、アルハンブラ宮殿を目指すことにした≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!(写真上)

途中、

(▼∀▼)ニヤリッ「(怪しい靴磨き屋)ナカタ、ナカタ、トモダチ」

といって、無理やり靴磨きをしようとしてきた輩と揉めつつも、アルハンブラ宮殿のチケット売り場に到着。朝早いっていうのに、既にかなりの長蛇の列が形成されている・・・(予約してなかったらマジでやばかったね、こりゃ・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル )

 

宮殿の敷地内に入り、まず最初に向かったのは、アルハンブラ宮殿(城外)の東端、太陽の丘にある、

004

「ヘネラリフェ」。゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ (写真上)

 

ここは、「水の宮殿」とも呼ばれているらしく、確かに、池を挟んで木々が生い茂り、

00510052

噴水の水しぶきが涼しげだヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

そして、「アセキアの中庭」の美しい庭園はもちろん(写真左)、 

P1050745

化粧漆喰によるアラベスク文様もこれまた相当お見事で、マラケシュのバイア宮殿を思い出す(????????)(u??u??)ウンウン(写真上)

 

って、そりゃそうだ( ´,_ゝ`)プッ

なにせ、このアルハンブラ宮殿は、13世紀前半から1492年のキリスト教勢力によるレコンキスタ(国土回復運動)が完了し滅亡させられるまでイベリア半島南部に存在したイスラム王朝、ナスル朝グラナダ王国によって築城されたんだもん♪ 

00610062_2

パルタル庭園に立つ「貴婦人の塔」と(写真左) 、そこから見下ろすアルバイシンの丘(写真右)

 

と、まぁ、ここまででも、普通に考えればそこそこの見所なわけなのだが、アルハンブラ宮殿の真の見所はこれから始まるのだっ!!!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

というわけで、13時、

時間だぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

アルハンブラ宮殿随一の見所、ナスル朝宮殿への入場時間だヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

何を隠そう、このナスル朝宮殿には30分毎(?)の入場制限がかけられていて、入場チケットに明記されている時間内でのみ入場許可される特別な場所なのであるヽ(゚∀゚ )ノ

(例え、当日早朝に入場チケットを購入してアルハンブラ宮殿に入れたとしても、日中にこのナスル朝宮殿に入れない可能性が高いので(「夜の部」になる)、要事前予約!)

   

そして、宮殿入口から、

00810082_20083   

あいかわらず、緻密な装飾の美しさに目を奪われつつ(写真上)、メスアールの中庭を抜ければ、

010 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

 

でもって、さらにその向いには、

009

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!! 

 

社会の教科書で見たコマレスの塔だヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃(写真上)

天気が微妙なのは残念だけど、それでも、 

011

水面いっぱいに宮殿を映し出すこの「アラネヤスの中庭」の美しさは揺るがないっ!(????????)(u??u??)ウンウン(写真上)

ちなみに、ここで、水面を挟んで建物のベストショットを撮りたいっ!と思ったら、そのためのベストポジションは、次から次へと押寄せてくる観光客の間で取り合いになるので、相当な根性&我慢が必要です(;¬∀¬)ハハハ…

 

んで、後ろ髪引かれる思いでコマレス宮を後にすると、このアルハンブラ宮殿のもう一つのハイライトであり、王族のプライベート空間であったという、

P1050934

「ライオンの中庭」がその姿を現すっ!!!ヽ(゚∀゚ )ノ(写真上)

 

って、

ガ―――(((((?(°Д° )))))―――ン 

 

肝心なライオンの噴水が、工事中やんけ・・・

噴水のまわりに12頭並んでいるはずのライオン像も一切も見当たらないし・・・

そして、いくら工事中だからって、そんな中庭のど真ん中でガラスケースによる養生ってのはないでしょ・・・(あと、手前のロープも・・・)(;¬∀¬)ハハハ…

いや、そもそも何年工事中なんだ?2年くらい前の旅人の旅行記でも工事中だったぞ???

おかげで、写真が台無しですよ、ほんと(#゚Д゚) ゴルァ!!

ただ、それでも、 

01410142

周囲をいろどる、化粧漆喰の透かし彫りや(写真上)

中庭に面した「二姉妹の間」(冒頭写真)、「アベンセラッヘスの間」の鍾乳石飾りは、もうヤバイの一言っ!!ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ (写真下) 

013_2

゚+.(??∀??)゚+. わぁ♪

  

ちなみに、この鍾乳石飾りの丸天井のことをアラビア語で「ルカルナス」っていうらしい(・0・。) ホホ−ッ

そんなこんなで、アルハンブラ宮殿を一通り観光し終わったわけだけども、  

015_2

マジでやばかったねぇ、この装飾たちの精緻さは!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

日本職人も真っ青っ!!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

かなり甘く見てましたよ、アルハンブラ宮殿さん・・・、ほんとごめんなさい・・・

 

でもでも、ナスル朝宮殿の南側にある、

00710072

カルロス5世宮殿は(写真上)、 

 

ないよねぇ〜(;´∀`)・・ァハハハ・・ハハ・・ハ・・

 

イスラム建築の調和乱し過ぎ・・・(?▽?*) ・・・ァハハ

イスラム王朝が建てたこのアルハンブラ宮殿の中心に、征服者であるスペイン国王(であり神聖ローマ皇帝)のカール5世が、

ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ 「(カール5世)イスラム王朝倒したどぉー!カトリック万歳!」

とでも言いたかったんだろうけども(注:レコンキスタを完了させたのは祖父母のイサベル&フェルナンド2世)、それでもこの超繊細で見事な装飾を誇るイスラム建築に、あの重厚で繊細さゼロのルネッサンス様式は、

ないよねぇ〜(;´∀`)・・ァハハハ・・ハハ・・ハ・・

 

と、久しぶりに、「ザ・世界文化遺産」的な見事な建築を堪能した後、歩きすぎて既に棒になりそうな足をひきずりつつ、

P1050813

王室礼拝堂&カテドラルに向った≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!(写真上)

 

アルハンブラ宮殿直後だけに油断してたけど(←甘く見すぎ、苦笑)、カトリック両王(コロンブスの新大陸進出を支持したカスティーリャ女王イサベルとその夫でアンゴラ王フェルナンデス2世)の亡骸が安置された王室礼拝堂もなかなかだったし(写真撮影禁止なのが残念過ぎ・・・)、 

0161_20162

その王室礼拝堂と一体化しているかのような、お隣のカテドラルもまた(写真上)、

017_2

かなり立派Σ(゚ロ゚屮)屮ぉお!!(写真上) 

バルセロナもそうだったけども、スペイン、見所多過ぎ( ̄□ ̄;)アセアセ.....

 

 

んで、日も沈み始めたところで、

019

バルのはしごツアーすたぁ〜とヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ♪

 

いやー、やってみたかったんだよねぇ〜こういうのヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

なにしろ、貧乏大学院生時代にスペインに来たときは、

019101920193

はしごできるようなお金を持ち合わせてなかったもんねぇ〜(;¬∀¬)ハハハ…(写真上)

(具なし塩おにぎりとカップラーメン食いまくって旅費を捻出してたくらいだし・・・ヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ)

(写真右) プルポ・ガリェーゴ(茹でタコにオリーブオイルとパプリカをふりかけたもの)が美味すぎるっ!!!( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

  

そして迎えた、21時。

ヌエバ広場で日本語情報センターの個性的館長と待ち合わせて(といっても、館長とはすぐにここでお別れだけど)、フラメンコツアーへ出発≡≡≡ヘ(o゚Д゚o)ノイッテキマァァーーーース!!!!

020

フラメンコ鑑賞に先立って訪れたアルバイシンの丘(サン・ニコラス展望台)にてアルハンブラ宮殿のライトアップを楽しみ(写真上)、  

02110212

洞窟フラメンコ「ロス・タラントス」に到着ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ(写真上)

 

老舗らしく、なかなか雰囲気のある洞窟タブラオ(洞窟住居を利用したタブラオ)で、

022                   

(。-`ω´-)ンー「(たく)ほー、これがフラメンコってやつかぁ」(写真上)

と、初のフラメンコ鑑賞に感激させられたのも束の間、自分の集中力は20分くらいしか続きませんでしたとさ(;¬∀¬)ハハハ…

といっても、妖怪フラメンコ婆ぁ登場で、集中力を取り戻せたことは言うまでもない(笑)

だって、登場するやいなや、

 

( ゚д゚)ハッ!「(たく)こやつが妖怪婆ぁ一味かっ!!!あの館長、絶対この婆ぁたちのこと言ってるだろ!!!」

 

と思える婆ぁが、現れたんですもの・・・(しかも複数・・・)(;¬∀¬)ハハハ…

顔も体型も相当ダイナマイトな上に、胸元開けすぎな婆ぁや、いぶし銀なのはわかるんだけども、動きがあまりにスローで哀愁漂い過ぎな婆ぁなど、

申し訳ないけど、その他の情熱的なバイラオーラ(踊り子)たちと比べちゃうと、

 

うーん・・・、そろそろ潮時なんじゃ・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

 

って、思わずにはいられなかったわけで(爆)

 

というわけで、グラナダ最後の夜もふけ、11泊12日に渡ったスペイン&モロッコ旅行が終わった。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

 

さっきもちょっぴり書いたけども、今回の旅では、サッカーに闘牛&フラメンコ、そしてバルをはしごしてみたりと、大学院生時代の貧乏旅行とはお金の使い方が全然違ったわけで、そのおかげで、あの時感じたスペインとはまた違った印象を受けることができた(????????)(u??u??)ウンウン

つまり、旅や都市っていうのは、

年齢を重ねる毎に、そして投じた金額によって、

いろんな風に見えるんだなぁ、ってことを改めて認識させられた旅となったわけで(日本国内だって、修学旅行で行く京都と、その後再訪する京都じゃぜんぜん違うし)、それはすなわち、

これからもほぼ永遠に(笑)、

飽きることなく、その時々に応じて違った旅、違った都市を楽しめる、ということになるわけで、たく&ぶーの旅中毒はいつになったらおさまるんだろう・・・、なんて、なんだか心配になってきたよ( ´,_ゝ`)プッ 

 
 

おしまい(。?????。)ププッ

HPもよろしくお願いしまーす(・∀・)アヒャ!!→Banner   

| | コメント (0)

«やばいでしょ、これ、普通に・・・(;¬∀¬)ハハハ…