Book (As of 2011.Jan.31)

 アメリカに来てからというもの、随分と読書時間が短くなってしまいましたが、これまでに読んだ書籍の中から、これだ!というもの(というよりちゃんと読み終えれた書籍を、笑)をご紹介!
 (もっとたくさんご紹介できるよう、買ったはいいけど、いつまでも書棚に眠っている本を早く読まねば・・・(;¬∀¬)ハハハ… )

Travel

世界絶景旅行 世界絶景旅行
1.著者:由佐卓也(たく)&麻奈美(ぶー)
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★★(自画自賛!)
3.書評:2010年11月25日、ついにこのHPの旅行記が書籍化されました!約1年に渡って、出版社の方にご迷惑をお掛けしながら作成した苦労も、紙の本となって目の前に現れた瞬間、 一気に吹き飛んでいきました!頑張った甲斐あり!というわけで、サラリーマンながらに旅した世界の超絶景の数々をご堪能あれ!(blogでの紹介記事はこちら

世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン 世界一周デート トモ&エリの607日間ハネムーン
1.著者:吉田友和&松岡絵里
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★
3.書評:2002年6月22日に教会で結婚式を挙げて、2002年7月5日に世界一周デートに旅立ったトモ&エリさんの607日間ハネムーンの記録です。新婚旅行が世界一周だなんて ほんとにうらやましい限りです。しかも1,500円で250頁くらいあるのにフルカラーなんです!内容も国毎にきれいにまとめられてるし、とにかくオススメです!
してみたい!世界一周 してみたい!世界一周
1.著者:
吉田友和&松岡絵里
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
(ぶー) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
仕事が忙しいあなたのための週末海外! 仕事が忙しいあなたのための週末海外!
1.吉田友和
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
思い立ったらすぐに行けちゃう週末アジア 思い立ったらすぐに行けちゃう週末アジア
1.吉田友和
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
中南米スイッチ 中南米スイッチ
1.著者:
旅音
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
エジプトがすきだから。 エジプトがすきだから。
1.k.m.p.
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★★
3.書評:著者のk.m.pさんの情景を切り取る描写力に感動です!旅人としての視点、観光客としての視点。それらの視点からk.m.pさんが見てきた一つ一つのことがそのまんま書かれています。 エジプト人、みやげ屋との戦い、ときには砂漠でのうんこの仕方まで・・・、そんな見て感じた文化。これからエジプトに行く方、行ったことのある方、とにかく皆さんにオススメです!
旅の極意、人生の極意 旅の極意、人生の極意
1.大前研一
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★
3.書評:世界的経営コンサルタントの大前研一さんが厳選した15本の旅を紹介した本。とってもゴージャスな旅もあるけど、そこは添乗員・大前研一セレクションの旅、きっとそれだけの 価値があるはずで、なんとか一度は試してみたい旅ばかりです...。また、随所に大前研一の生き方についてのコメントもあって、数ある旅行記とは異質な出来栄えですよ。おすすめです!
深夜特急 深夜特急
1.沢木耕太郎
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
(ぶー) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
No TRAVEL, NO LIFE No TRAVEL,
NO LIFE

1.須田誠
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
NEUTRAL Travel for life NEUTRAL Travel for life
1.ニュートラル編集部
2.オススメ度:(たく) ★★★★、(ぶー) ★★★★★
3.書評:第6号は“水と地球”との関係を焦点にした、美しい写真が満載です!白いシーツを敷いたような真っ白い砂漠にどこからきたのかもわからない青い青い水を湛えるレンソイス・マラニェンセス。 そして空との塩湖との境界がわからないほど湖面に空を...続きはこちら
ANOTHER NEUTRAL ANOTHER NEUTRAL
1.ニュートラル編集部
2.オススメ度:(たく) ★★★★、(ぶー) ★★★★
3.書評:今号は“イスラム世界を旅する人へ”と題された、きれいな写真とピンポイント旅情報を付随させたビジュアルガイドブックです。特にINTRODUCTIONの写真は圧巻です! さて、僕たちはスラムについてどれくらい知っているのでしょうか?...続きはこちら
世界最高のホテル プラザでの10年間 世界最高のホテル プラザでの10年間
1.奥谷 啓介
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ドコデモドア ドコデモドア
1.酒井ひかり
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る


Essay

沈まぬ太陽 沈まぬ太陽
1.著者:山崎 豊子
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
余命1ヶ月の花嫁 余命1ヶ月の花嫁
1.著者:TBS「イブニング5」
2.オススメ度:
  (たく)★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ガウディの伝言 ガウディの伝言
1.著者:外尾 悦郎
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
アイの物語 アイの物語
1.著者:山本 弘
2.オススメ度:
  (たく)★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
バカの壁 バカの壁
1.著者:養老孟司
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評: 若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである…。いつの間にか私達は様々な「壁」に囲まれています。確かにそう思います。今も 多少そういうところがありますが、大学の2年生くらいまでの僕は自分を...続きはこちら
死の壁 死の壁
1.著者:養老孟司
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:印象に残ったのは、「第八章の安楽死とエリート」。安楽死について考える場合に、どうしても世間一般は「安楽死をする方」の患者側の立場で考えてしまいます。もちろん僕もそうです。 どうして今まで「安楽死をさせる方」の医者側の立場に考えが...続きはこちら
超バカの壁 超バカの壁
1.著者:養老孟司
2.オススメ度:(たく) ★★★
3.書評:「自分に合った仕事」なんかない。養老孟司はこう言っています。二十歳やそこらで自分なんかわかるはずがありません。(中略)仕事というのは、社会に空いた穴です。道に穴が空いていた。 そのまま放っておくとみんなが転んで困るから、そこを埋めて...続きはこちら
拒否できない日本-アメリカの日本改造が進んでいる 拒否できない日本
1.関岡 英之
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ
3年で辞めるのか?

1.著者:城 繁幸
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
国家の品格 国家の品格
1.著者:藤原正彦
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評:最近読んだ本の中では間違いなく一番良かった本。愛国心というか、祖国心がちょっと偏りすぎてる気もしますが、自分も日本が大好きなのでOK。日本の生み出した普遍的価値のうち、最大 のものは、もののあわれ、自然への畏怖心、跪く心、自然...続きはこちら
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
1.著者:梅田望夫
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評:誰もが気付いているように、インターネットが登場して10年たった今、ネット社会とリアル世界との関係に大きな変化が訪れている。この本では、来るべき本当の大変化にむけて、とらえなけれ ばならない大変化の本質がわかりやすく説かれている。自分を...続きはこちら
ウェブ時代 5つの定理―この言葉が未来を切り開く! ウェブ時代 5つの定理
1.著者:梅田 望夫
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
君がオヤジになる前に 君がオヤジになる前に
1.著者:堀江 貴文
2.オススメ度:
  (たく)★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
1.著者:竹内薫
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評:思い込み、常識、前例、先入観、固定観念・・・。そういったものにしばられて身動きがとれなくなっていませんか?世の中には、完全なもの(反証不可能な科学)=真理なんてものはどうやら なさそうです。つまり、物事の根底の多くがグレー(不完全)で...続きはこちら
人は見た目が9割 人は見た目が9割
1.著者:竹内一郎
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:7%っていう数字は妥当かどうかはわからない。でも確かに言葉は大事だけど最重要ではないと思う。おんなじ言葉を聞いても、話しても、印象や理解度がまったく違う、って ことは経験として皆知ってる。著者はこんなことを言っていた。「本をたくさん...続きはこちら
英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半 英語屋さん
1.著者:浦出 善文
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ユダヤ教VSキリスト教VSイスラム教―「宗教衝突」の深層 ユダヤ教VSキリスト教VSイスラム教
1.著者:一条 真也
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ツイてる! ツイてる!
1.著者:斎藤一人
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評:日本有数のお金持ち、斎藤一人(ひとり)さんの生き方について書かれた本で、とってもいい本でした。かなりオススメです。いろんなこと(特に、自分の成長の限界とか、そういう点)に悩んでいる方、 リラックスして、前向きに生きれるようになれるかも...続きはこちら
iモード事件 iモード事件
1.著者:松永 真理
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
星の王子さま 星の王子さま
1.著者:サン=テグジュペリ
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ヒューマン2.0 web新時代の働き方(かもしれない) ヒューマン2.0 web新時代の働き方(かもしれない)
1.著者:渡辺千賀
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:最近、僕を激しく落ち込ませてくれた、渡辺千賀さんが、まもなく日本にもやってくるだろう、シリコンバレーで生き抜く人達の驚くべきキャリアパターンについて書いた本。んで、まず、なんでこの渡辺 千賀さんが僕を落ち込ませるかというと、あまりに...続きはこちら
下流社会 下流社会
1.著者:三浦展
2.オススメ度:(たく) ★★★
3.書評:階層格差が広がっているらしい(というか、すでに誰もが実感しているところだが…)。それにより、所得格差が広がり、そのために学力格差が広がり、結果、階層格差が固定化し、流動性を失 っている…。一見、それらしい、論調だ。しかし、はたしてこれは...続きはこちら
貧乏クジ世代―この時代に生まれて損をした!? 貧乏クジ世代―この時代に生まれて損をした!?
1.著者:香山リカ
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:「第二次ベビーブーマー」「団塊ジュニア」と称される一群を含む70年代生まれ。いま二十代後半から三十代前半の彼らは、ひそかに「貧乏クジ世代」とも揶揄される…。 そんな紹介文ではじまるこの本は、ひねくれた僕の心的構造をまるで占いのように...続きはこちら
江頭2:50のエィガ批評宣言 江頭2:50の
エィガ批評宣言

1.江頭2:50
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
僕、トーキョーの味方です―アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由 僕、トーキョーの
味方です

1.著者:
マイケル・プロンコ
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る

Self-Development

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間 リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間
1.著者:高野登
2.オススメ度:(たく) ★★★★★、(ぶー) ★★★★★
3.書評:ENPOWERMENT(権限委譲)。もし、自分が起業するとしたらぜひ参考にしたいと思った、リッツカールトンが実践している仕組みです。「ザ・リッツ・カールトン・ベーシック」の10番目 に次のような記述があります。「従業員一人一人には、自分で判断...続きはこちら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
1.著者:岩崎 夏海
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
1.著者:大前研一
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
頭がいい人、悪い人の話し方 頭がいい人、悪い人の話し方
1.著者:樋口裕一
2.オススメ度:(たく) ★★★★★
3.書評:うすうすは気づいていたのですが、この本を読んで、自分がいかに「バカに見える話し方」をしているか再確認できました。そんな、「俺って頭悪そうな話し方かも?」となんとなくでも思ってる人、 オススメです。これでもかっていうくらい再確認させられます(汗)本文は、以下の...続きはこちら
ザ・プロフェッショナル ザ・プロフェッショナル
1.著者:大前研一
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
即戦力の磨き方 即戦力の磨き方
1.著者:大前研一
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
ただ、顧客のために考えなさい プルデンシャル―営業力の秘密 ただ、顧客のために考えなさい プルデンシャル―営業力の秘密
1.著者:原 年廣
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:日本で初めて、生命保険のプロフェッショナル・セールスマン、ライフプランナーを送り出したプルデンシャル生命保険。その「『顧客のために』の理想の生命保険会社をつくる」という創業時の理念を 具現化した、8人のライフプランナーの真実の体験を紹介した本。縁あって、自分自身も加入している生命保険会社でもあり、...続きはこちら
へんな会社のつくり方 へんな会社のつくり方
1.著者:近藤淳也
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:「日本で仕事している人たちは、大渋滞を起こしていて、渋滞中の車の中での楽しさを求めている、みたいな感じがしました。」そうコメントする、「Web2.0」の旗手、「変な会社」として有名な 「はてな」を率いる近藤淳也さんの本。立ったままの会議、ミーティングをポッドキャストなどなど、いろんな試みをしている...続きはこちら
成功の法則92ヶ条 成功の法則92ヶ条
1.三木谷 浩史
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
プ藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー 藤田晋の仕事学
1.著者:藤田晋
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか? なぜ、エグゼクティブは
ゴルフをするのか?

1.パコ・ムーロ
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
プロ論2 プロ論2
1.著者:B-ing編集部
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
中国の古典からもらった「不思議な力」 中国の古典からもらった「不思議な力」
1.著者:北尾吉孝
2.オススメ度:(たく) ★★★★
3.書評:本人の意図はどうであれ、フジテレビとライブドアの買収劇で一躍有名になった北尾氏の著作。北尾氏の本を手に取ったきっかけは、プレジデント2006.1.30号で京セラ名誉会長の 稲盛和夫氏との対談、「仕事士に学ぶ「地道に大成する」人生学」を読んで...続きはこちら
残業しない技術 残業しない技術
1.著者:梅森浩一
2.オススメ度:(たく) ★★★
3.書評:「要領のいい人=デキる人=カッコいい」を目指した、仕事がデキるビジネスパーソン向けの指南書です。残業しないための21の技術が書かれています。中には、自分も意識してやっている技術 もありました。それは、・プライベート?もちろん最優先!、・時間は前で調整、・捨てられるより、捨てよ!、・「言った...続きはこちら
断る力 断る力
1.著者:勝間 和代
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
大人げない大人になれ! 大人げない大人になれ!
1.著者:成毛 眞
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
道をひらく 道をひらく
1.著者:松下幸之助
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
学問のすゝめ ― 人は、学び続けなければならない 学問のすゝめ
1.著者:福沢 諭吉
(翻訳)檜谷 昭彦
2.オススメ度:
(たく) ★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る

Economy

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
1.著者:マネー・ヘッタ・チャン
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
経済ってそういうことだったのか会議 経済ってそういうことだったのか会議
1.著者:佐藤 雅彦
 竹中 平蔵
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
年収300万円時代を生き抜く経済学 年収300万円時代を
生き抜く経済学

1.著者:森永卓郎
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? さおだけ屋は
なぜ潰れないのか?

1.著者:山田真哉
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
(ぶー) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編 の経済のニュースがよくわかる本(世界経済編)
1.細野真宏
2.オススメ度:
(たく) ★★★★★
(ぶー) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編 経済のニュースがよくわかる本(日本経済編)
1.著者:細野真宏
2.オススメ度:
(たく) ★★★★
(ぶー) ★★★★★
3.書評:−
Amazonで詳しく見る

Comic Book

きょうの猫村さん きょうの猫村さん
1.ほしよりこ
2.オススメ度:(ぶー) ★★★★
3.書評:漫画を開いた瞬間、「なにこの下手くそな絵〜!!」と思った(笑)読み始めてもなんかよくわからない感が抜けなかったが、読み進めていくうちにいつのまにか猫村ワールドにトリップ していることに気が付いた!なんだかとても先が気になるのである...続きはこちら